家具業界でのみ耳にする「リプロダクト」という言葉。

 

「リプロダクト」とは、デザインの意匠権が切れた製品を正規メーカー以外が製作した製品です。

(レプリカ、ジェネリック品とも呼ばれています)

 

では意匠権って何?

 

意匠権とは?

「新規性と創作性があり、美感を起こさせる外観を有する物品の形状・模様・色彩のデザインの創作についての権利をいう。

 意匠法で規定された産業財産権で、権利期間は登録設定から20年(日本国内の場合)」

(ウィキペディアより)

 

そもそも意匠権を保護する理由は、後に出てくるデザイナーの生産活動を制限することがないようにする為です。

 

若手デザイナーが過去のデザインに縛られず伸び伸びとデザインできるようにってこと。

 

もともとヤコブセンのセブンチェアや、アントチェア、ウェグナーのYチェア、イームズのシェルチェアなどは、量産しやすいようにとデザインされた椅子です。

 

一人でも多くの方に使ってもらいたい!そう願って1950年代にできる限り作りやすい椅子をデザインをしたのです。

そのままのデザインをアジアで安く作ってあたかも正規品のようにデザイナーの名を付けて販売する。

 

デザインは同じでも、製造方法や、原材料は異なります。

 

著名なデザイナーは、製造方法、原材料にもこだわり抜いた上で製品の強度を綿密に計算し、安心して長く使えるようにデザインをします。

 

生涯で500脚以上の椅子を生み出したハンス・J・ウェグナーは、家具職人の資格を有し、試作品はすべて自分の手で作り、ディテールにこだわったらしいです。

(ハンス・J・ウェグナー)

 

リプロダクトは、同じデザインでも強度、耐久性が落ちることがほとんどです。

 

安く作るためだけにデザインのことを知らない人が 原材料の質を落とし、工程を省いて作るわけですから・・・。

 

当然です。

 

 

では故障してしまった際の保証は?修理は?

 

 

家具は長く使い続けるもの。

 

そして毎日 目にし、使用し、感じるもの。

 

正規品でないものを使用して、心が豊かになるでしょうか?

 

デザイナーの思いやこだわりを感じられるでしょうか?

 

友人などを家に招いたときに、自信を持って紹介できるでしょうか?

 

 

リプロダクトなんてもっともらしいネーミングを付けていますが、所詮は偽物です。

 

どうか偽物ではなく、正規品を使ってください。

 

デザイナーへのリスペクトの気持ちを込めて。

 

 

 

 


榎本

お問い合わせ 筺0739226100  Mail info@re-barrack.com

http://www.re-barrack.com/

↓facebookページ更新中!
http://www.facebook.com/re.barrack
(新入荷情報・特価情報など)

 

コメント
コメントする