本日は端午の節句。

 

男の子のいるご家庭では 兜やこいのぼりを飾っておられる方も多いのではないでしょうか?

 

我が家は、長男の初節句。

 

ということで、実家には私の五月人形が約40年ぶりに飾られています。

 

 

本日のブログは、兜つながりでこちらのチェアのご紹介。

 

岩倉榮利氏デザイン、「KABUTO」arm chair。

 

 

発表されたのが、今から32年も前の1986年。

 

1995年にはグッドデザイン賞を受賞しています

 

 

その名の通り、日本の武将の「兜」をオマージュしてデザインされた椅子。

 

本革とスチールという異素材をミックスし、シャープな印象に仕上げられています。

 

背のスチール部分は、日本刀の反りをイメージしているそう。

 

 

一枚の単層構造の分厚い革を曲線状に巻いたアームから背もたれ。

 

そして、しっかりフィットするやや硬めの本革の座面。

 

形だけではなく、もちろん座り心地にもしっかりとこだわられています。

 

 

30年以上経っても、古臭くならずに今もなお色褪せないフォルム。

 

ミース・ファンデルローエや、ポール・ケアホルムに影響を受けた岩倉氏ならではモダンデザイン。

 

そこに日本人のDNAがプラスされた本物の日本モダンのチェアです。

 

端午の節句に「KABUTO」

 

是非、リ・バラックでお試しください!!

 

 

 

 

 

 

榎本

お問い合わせ 筺0739226100  Mail info@re-barrack.com

http://www.re-barrack.com/

↓facebookページ更新中!
http://www.facebook.com/re.barrack
(新入荷情報・特価情報など)

 

 

コメント
コメントする