本日スタートの「一枚板と世界の名作チェア展」

 

50枚以上の無垢板と、数々の名作チェアが一同に会しています。

 

リ・バラック二階特設会場に上がっていただくとすぐに皆様をお出迎えしているのが、

 

幅255cmの栗(クリ)の木 一枚板。

 

 

日本人にも非常に馴染みの深い栗。

 

堅くて腐りにくい性質の為、縄文時代から建物の柱や土台に使われていました。

 

 

これほど美しく、長く、奥行きが深いものはかなり珍しいはず。

 

小口の割れは、埋めることもアクセントのチギリを入れることもできます。

 

他にも 長さのカットや塗装のやり直し、節の穴埋めなども無料でさせていただきます。

 

 

これだけ個性豊かな栗の木一枚板ですが、スチール製のブラック塗装の脚と合わすことで、

 

ウェグナーのCH24(Yチェア)、ヤコブセン セブンチェア、アントチェア、イームズ シェルチェアなどの

 

名作チェアとも相性が良くなります。

 

 

「一枚板と世界の名作チェア展」では、一枚板をスタイリッシュに、モダンにするコーディネートを数多くしています。

 

是非リ・バラックに足をお運びいただきお確かめ下さい。

 

 

栗 一枚板 幅255x奥行き78〜96x厚み5.5cm 380,000円(税込)

 

 

 


榎本

お問い合わせ 筺0739226100  Mail info@re-barrack.com

http://www.re-barrack.com/

↓facebookページ更新中!
http://www.facebook.com/re.barrack
(新入荷情報・特価情報など)

関連する記事
コメント
コメントする