私たちが活動する熊野。

 

 

近年 林業従事者の減少により、人手が入らなくなることで山が荒れ、

 

貴重な地域資源である「紀州材」に影響が出てきています。

 

 

「スギノアカネトラカミキリ」によって食害された木材「あかね材」や、

 

山の荒廃による土砂災害、 下流では漁獲量の減少など。

 

 

私は、熊野の山の現状を知り、田辺市で100年以上続く家具屋の4代目として

 

「熊野の山を取り巻く問題を解決するために何ができるか?」と問い続け

 

虫食い跡の見た目の悪さから建材や木工には使用されない「あかね材」を

 

家具として活用していくプロジェクトを始めました。

 

虫食い部分も節と同じ木が持っている個性のひとつとして捉え、

 

クリエイティブな発想でデザインし、活かしていく。

 

 

この思いに共感してくれた林業や製材所、木工、一級建築士、グラフィックデザイナーの異業種の5名を加え、

 

「Boku Moku」という組織を立ち上げました。

 

 

Boku Mokuとは、「素朴な木」という意味。

 

ありのままの素材の良さを活かした地域のものづくり。

 

秘められた魅力に光をあて、伝え広めることをコンセプトにしています。

 

 

先日は、田辺市長室に第一号のプロダクトであるテーブルを納めさせていただきました。

 

山に生えていた姿を想像できるような、生命力のあるテーブルです。

 

リ・バラックにもテーブルやスツールを展示しています。

 

 

ご質問やご希望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

今後もプロダクトを開発していきますのでご期待下さい。

 

BokuMokuホームページが出来上がりました。

 

こちらもご覧くださいね!

 

https://www.bokumoku.org/

 

 

 

榎本

お問い合わせ 筺0739226100  Mail info@re-barrack.com

http://www.re-barrack.com/

↓facebookページ更新中!
http://www.facebook.com/re.barrack
(新入荷情報・特価情報など)

 

関連する記事
    コメント
    コメントする